ペットシッター専門店です。心を込めて大切なペットのお世話をさせて頂きます。

TEL070-1500-2040
電話受付時間:8:00~20:00

     

ペットはどこに預ける?ペットホテル、ペットシッターの違い

ペットは家族の一員と考える飼い主様であれば、どうしてもペットを置いて出掛けなければならない時は、できるだけ寂しがらせないよう、しっかりとしたケアをしてあげたいと思いますよね。そんなときに心強い味方となってくれるのが、ペットを預けることができる「ペットホテル」と「ペットシッター」というサービスです。
ここでは、それぞれのサービスの特徴や、メリット・デメリットについてご説明します。

どんな特徴があるの?

【ペットホテルの特徴】
ペットホテルは、ペット宿泊専門の施設へペットを預けられるサービスで、動物病院やトリミングサロン、ペットショップなどが運営を行っているケースが多く見られます。
基本的にはペットを一頭ずつケージへ入れて、個別に世話をするというスタイルですが、最近は、広い部屋に宿泊するペットを集めて一緒に世話するタイプや、人間が宿泊するような豪華なお部屋でペット1頭を世話するタイプなど、様々なプランを選べるようになってきました。
動物病院やトリミングサロンが運営していることが多いため、食事やトイレ、散歩の世話に加え、トリミングやペットマッサージなどのオプションを選ぶことが可能なこともあります。

【ペットシッターの特徴】
ペットシッターとは、赤ちゃんの世話をするベビーシッターと同じように、ペットのためにシッターさんが自宅訪問してくれるサービスです。
飼い主様のご指定の時間にシッターが自宅を訪問し、ペットの食事やトイレの世話、散歩などを飼い主様の代わりにしてくれます。
通常は一時間単位でシッティングを依頼することが可能で、朝・昼・晩一回ずつなど、必要に応じて時間の延長や、1日の回数を設定することができます。

以上を踏まえ、メリット・デメリットをまとめました。

メリットとデメリット ペットホテル ペットシッター
メリット 一日中、面倒をみてもらうことができる 自宅でお世話をしてくれるので、生活環境のストレスや不安が少ない
動物病院やペットサロンが運営している場合、緊急時の対応がスムーズ 自宅へシッターが訪問するため、送迎の必要がなく、帰宅時間に余裕が出来る
様々なニーズに合わせて、施設やオプションを複数の選択肢から選べる場合が多い 今夜だけ、お散歩だけなど必要なサービスだけ頼むことが出来る
他の動物との接触によるトラブルの心配がない
デメリット お預かり環境がペットにストレスや不安を与える場合がある。 シッターが帰った後に急病になったなど、緊急時の対応が難しい
ペットホテルまでの送迎が必要。特に帰宅時間が遅くなると、営業時間内に迎えに行けない場合がある 医療行為に対応したサービス提供会社が少ない
他の動物との接触によるトラブルの可能性がある 鍵を預けるため、セキュリティ面の不安を感じる


このように、ペットホテルとペットシッターのメリットとデメリットは大きく異なります。

ご参考までに、我が家の猫の場合、ケガで入院させたとき、食事や世話を拒絶してしまったうえ、獣医さんがケージから出せずに、私が出しにいきました…
ペットの性格や健康状態、飼い主様のご希望に合わせて上手に利用し、ペットがストレスや不安なく過ごせる環境を選んであげてください。

店舗概要


日本ペットシッターサービス
習志野店

【TEL】070-1500-2040



【営業エリア】
習志野市、津田沼、幕張、幕張本郷、船橋市、八千代市およびその周辺(花見川区、美浜区など)。
その他のエリアもご相談下さい。

【動物取扱業登録】
15-習健福574-10
種別:保管
登録の年月日:平成28年3月31日
有効期間末日:平成33年3月30日
動物取扱責任者:川端照彦

16-習健福758-2
種別:訓練
登録の年月日:平成28年6月29日
有効期間末日:平成33年6月28日
動物取扱責任者:川端照彦

↑ PAGE TOP